よく検索されるキーワード

資料請求 フォームでのお問い合わせ

  • HOME
  • サービス案内
  • セミナー情報
  • 企業情報
  • 導入事例一覧
  • 当社の取組み
ezSDS SDS保守サポート LOLIデータベース Universal GATE(ユニバーサルゲート) Carechem24

SDS(MSDS)ガイド

化学物質等安全データシート(SDS(Safety Data Sheet))とは?

第一種指定化学物質、第二種指定化学物質、および以上を含む一定の製品について、このSDS(MSDS)を提供することが義務化されています。

SDS(MSDS)とは、事業者が化学物質や製品を他の事業者に出荷する際に、その相手方に対して、その化学物質に関する情報を提供するための資料です。 化学物質の安全な使用・取扱いをするために、物質名、供給者名、分類、危険有害性、安全対策および緊急事態での対応など、詳細で不可欠な情報を記載します。 PRTR法では、政令で定める第一種指定化学物質、第二種指定化学物質及びこれらを含む一定の製品について、このSDS(MSDS)を提供することが義務化されました。

SDS(MSDS)提供例

化学物質(製品)等の性状および取り扱いについての情報を記載します。取引先の事業者からSDS(MSDS)の提供を受けることにより、事業者は自らが使用する化学物質についての正しい情報を入手し、化学物質の適切な管理に役立てることができます。

SDS(MSDS)対象化学物質

SDS(MSDS)制度の対象となる化学物質は、法律上「第一種指定化学物質」及び「第二種指定化学物質」として定義されています。

一種指定化学物質462物質 うち特定第一種指定化学物質は15物質 対象物質1%以上含有の製品(質量ベース) 特定第一種指定物質0.1%以上含有の製品(質量ベース)、第二種指定化学物質100物質 対象物質1%以上含有の製品(質量ベース)、合計562物質

SDS(MSDS)記載項目

現在、日本では化学物質の全ライフサイクル(製造から廃棄まで)にわたってきめ細かい法規制がしかれています。 化学品に関する法律は1000法律をこえるともいわれています。加えて事業行為ごとに複数の法律で規制がかかるため、扱う化学品についての関連法律を調べるには、複数の法律を調べなければなりません。

1.化学品および会社情報 2.危険有害性性の要約 3.組成及び成分情報 4.応急処置 5.火災時の措置 6.漏出時の措置 7.取り扱いおよび保管上の注意 8.暴露防止および保護措置 9.物理的および化学的性質 10.安定性および反応性 11.有害性情報 12.環境影響情報 13.廃棄上の注意 14.輸送上の注意 15.適用法令 16.その他の情報

出典:経済産業省製造産業局作成「化学物質管理促進法(PRTR法)のホームページ」
http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/law/より

SDS(MSDS)の現状と問題点

年1回、全国の企業に、どのような化学物質をどれだけ環境中へ排出したか、あるいは廃棄物として移動させたかを報告させて集計し、家庭や農地、自動車などから排出されている対象化学物質の量を推計して、2つのデータを併せて国がその結果を公表します。

現状 ・国内規格 JIS   Z7253に基づいたSDS(MSDS)を日本語で作成・提供しなければならない。JIS Z 7250:2005は2015年12月31日、JIS Z7250:2010は2016年12月31日で暫定措置が終了しました。そのため、JIS Z 7250で作成されているSDSはJIS Z 7253に基づいて改訂する必要があります。

問題点 ・記載内容のうち、大項目(全16項目:SDS(MSDS)記載項目参照)の項目名は多くの場合一致しているが、小項目以下は内容・書式・記載の有無など交付者によってバラつきがあり、従って情報量は交付者によって差が生じている。 ・特に適用法令の記載については不十分な場合、管理面で不都合が生じる。 ・社内で効率的に管理するためには統一された様式・書式・記載内容のSDS(MSDS)を作成する必要がある。

SDS(MSDS)総合管理システムのお知らせ

今まで作成・管理が大変であったSDS(MSDS)を、製品の組成データ等の基本情報を入力するだけで、SDS(MSDS)原案を自動的に作成する画期的なシステムです。

国内向けSDS作成支援システム GHSロジストはこちら

海外対応SDS作成支援システム Universal GATEはこちら

SDS(MSDS)作成のお手伝いを致します

当社ではSDS(MSDS)の作成サービスを行っています。SDS(MSDS)の作成でお困りの方、作業軽減をお考えの皆さま、ぜひお問い合わせください。

SDS(MSDS)受託作成サービスはこちら

「日本最大のケミカルデータベース」と「IT技術」の融合で「安全・安心」を提供します。安全と安心は情報から
個人情報について
資料請求
JCDBニュースのお知らせ

導入企業様の声

  • 豊田化学工業株式会社 様

    ezSDSが教えてくれたのは「SDS作成は難しくない」ということだった。
    取引先の要望に応じた洗浄用の有機溶剤を製造するとともに、利用後の溶剤のリサイクルを行っている……

    詳細を見る

  • ディップソール株式会社 様

    製品の輸出に関わる業務を中心に、化学物質管理業務のサポートツールとしてJCDBの提供サービスを複数導入。

    詳細を見る

  • 株式会社ムラカミ 様

    製品の輸出時に不可欠なインベントリや対応法規、SDSの要求項目など、国ごとに異なる情報の調査・検索を効率的に行うために導入

    詳細を見る

その他の導入事例はコチラ

© Japan Chemical Database Ltd. All rights reserved.