よく検索されるキーワード

資料請求 フォームでのお問い合わせ

  • HOME
  • サービス案内
  • セミナー情報
  • 企業情報
  • 導入事例一覧
  • 当社の取組み
ezSDS SDS保守サポート LOLIデータベース Universal GATE(ユニバーサルゲート) Carechem24

社長あいさつ

日本ケミカルデータベース株式会社(JCDB)は、ケミカルデータ(物質情報、法規制情報)の提供およびケミカルデータベースを使用したシステムの 構築・販売を手がける会社です。
わが国におけるケミカルデータベースは、1984年に旧通産省、化学総合企業有志などで構成された「化学産業情報化研究会」が、化学品のデータベース化について検討を開始したことに始まります。1988年7月には官・産業界共同で「ケミカルデータサービス社」が設立され、 化学産業界向けのケミカルデータベースが構築されました。その後、1996年2月に、弊社がケミカルデータベースのコンテンツ を継承して、大幅なダウンサイジングに成功。市場ニーズにあったデータベースの開発、新たなシステム環境の構築を行ってきました。

現在では、昨今の国内外の多様化する化学物質管理や、化学品に関わるコンプライアンス活動に対するソリューション提供を実施し、付加価値の高い様々なサービスを提供しております。 特にSDS(MSDS)の分野では、長年のノウハウと自社が保有する法規制データおよびシステムと海外パートナーとの連携によるソリューション提供を行い、お客様の手助けとなるよう日々活動を続けております。
JCDBは化学物質を取り巻く様々な業種の方々への「ケミカルデータ」・「人材」・「ITシステム」が融合したサービスの提供、グローバルを視野に入れたソリューションの提供を通じて環境保全活動の推進に貢献したいと思っております。

日本ケミカルデータベース株式会社代表取締役社長 嵩西 賀伸

経営理念

「安心と安全」は情報からを信条として品質第一で社会の発展(社会的使命)に貢献する。 「品質第一」とは社会・顧客に応えうる高品質で信頼性の高い「商品」「サービス」「情報」を提供していくこと。 「社会の発展に貢献(社会的使命)」とは常に社会に貢献できるものを提供し続けるよう努力し、社会の発展に寄与していくこと。

安全と安心は情報から
個人情報について
化学物質の国内法規調査に関連する業務経験者を募集しています。
資料請求
JCDBニュースのお知らせ

導入企業様の声

  • 株式会社カービューティープロ

    英文のSDSをベースに、自社で日本の法規制に合致した日本語SDSを作りたいため導入を決定

    詳細を見る

  • 株式会社クラレ

    LOLIを活用するようになったのは2012年、自社で取り扱う化学物質情報を一元管理する社内システムの導入がきっかけです。

    詳細を見る

  • 出光興産株式会社

    製品数がとにかく多かったので、SDS作成の外注をお願いしたのが最初でした。

    詳細を見る

その他の導入事例はコチラ

© Japan Chemical Database Ltd. All rights reserved.