よく検索されるキーワード

資料請求 フォームでのお問い合わせ

  • HOME
  • サービス案内
  • セミナー情報
  • 企業情報
  • 導入事例一覧
  • 当社の取組み
ezSDS SDS保守サポート LOLIデータベース Universal GATE(ユニバーサルゲート) Carechem24

当社の取組み

江守情報グループの取り組み

江守情報グループは、持続可能な世界の実現に貢献するため、化学物質に関わるサービス、ソリューション、データベースをワンストップでご提供します。

江守情報グループの取り組み

グローバルソリューション

グローバルな法規制情報および化学物質の物性、毒性データが収録。グローバル対応MSDS作成が可能な日本ケミカルデータベースだからこそ提供することができるグローバル対応ソリューション各種サービスです。

グローバルソリューション

調査研究体制

ケミカルデータは、専門の調査・研究員によって、化学品メーカーの調査や各種専門文献の検索、さらに研究員による研究成果に基づき、常に最新データが維持管理されています。

調査研究体制

データベースの特徴

ケミカルデータベースとは日本で流通する化学品(輸入品を含む)に関する約80種類のデータベースの総称です。
原則として純粋な化学物質を扱い、一般名または 業界での慣用名を品目のタイトルとしています。
網羅性・最新性・信頼性・汎用性・可搬の5つの特徴を備えたデーターベースです。

データベースの特徴

SDS (MSDS) ガイド

SDS(MSDS)とは、事業者が化学物質や製品を他の事業者に出荷する際に、その相手方に対して、その化学物質に関する情報を提供するための資料です。 化学物質の安全な使用・取扱いをするために、物質名、供給者名、分類、危険有害性、安全対策および緊急事態での対応など、詳細で不可欠な情報を記載します。 PRTR法では、政令で定める第一種指定化学物質、第二種指定化学物質及びこれらを含む一定の製品について、このSDS(MSDS)を提供することが義務化されました。

SDS (MSDS) ガイド

化学物質法規制ガイド

現在、日本では化学物質の全ライフサイクル(製造から廃棄まで)にわたってきめ細かい法規制がしかれています。 化学品に関する法律は1000法律をこえるともいわれています。加えて事業行為ごとに複数の法律で規制がかかるため、扱う化学品についての関連法律を調べるには、複数の法律を調べなければなりません。

化学物質法規制ガイド

PRTRガイド

PRTRとは、環境中に排出された何百種類もある多種多様な有害化学物質について、情報を公表することによって管理を促し、環境の保全上の支障を未然に防ぐことを目的としたしくみで、 PRTR法によって、定められています。

PRTRガイド

採用情報
安全と安心は情報から
個人情報について
資料請求
JCDBニュースのお知らせ

導入企業様の声

  • ディップソール株式会社

    製品の輸出に関わる業務を中心に、化学物質管理業務のサポートツールとしてJCDBの提供サービスを複数導入。

    詳細を見る

  • 株式会社ムラカミ

    製品の輸出時に不可欠なインベントリや対応法規、SDSの要求項目など、国ごとに異なる情報の調査・検索を効率的に行うために導入

    詳細を見る

  • 株式会社カービューティープロ

    英文のSDSをベースに、自社で日本の法規制に合致した日本語SDSを作りたいため導入を決定

    詳細を見る

その他の導入事例はコチラ

© Japan Chemical Database Ltd. All rights reserved.